CCクリームって?BBクリームとの違いを知って活用しよう!

スキンケア知識

こんにちは!ぺぺです!

みなさん、「CCクリーム」って何かご存じですか?
今回は、「CCクリーム」について掘り下げ、その効能と「BBクリーム」との違いについてみていこうと思います!

CCクリームとBBクリームの役割について

CCクリームとBBクリームはどちらも、
化粧下地や日焼け止めの役割を担ってくれます!

以前の記事でも述べましたが、

「BB」とは、ブレミッシュバーム(Blemish Balm)の略であり、
Blemishは「傷」という意味を持つ単語で、本来BBクリームは傷を隠す目的で使われていました。

現在のBBクリームは、
肌の凹凸のカバー
ファンデーション下地
日焼け止め
コンシーラー
などの機能を兼ね備えています。

さらにこの基本的な役割に加え、美容液成分やビタミン成分なども入ったものも多く商品化されています!

この一本で肌の色ムラを簡単にカバーし、保湿〜ファンデーションまで完了させられるので魅力的ですね!

詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね!

一方、CCクリームは肌色のトーン補正が主な働きとなっています。

「CC」は、カラーコントロール(Color Control)、ケアコントロール(Care Control)の略で、
肌色補正・スキンケア・日焼け止めなどの機能を兼ね備えたクリームです。

メーカーによって定義はやや違いますが、
主に素肌を整え、スキンケアをしながら肌の色やツヤをきれいに見せる機能を持っているので、
肌色補正力やナチュラルな仕上がりを求めるなら「CCクリーム」がおすすめです!

お肌の色むらや赤みをナチュラルに隠したいという方にも適しています。

最近はBBクリーム・CCクリームともに保湿力が高いものも増えてきています。
ヒアルロン酸やコラーゲンが含まれたものを使うとさらに保湿力が見込めるので、
乾燥肌の方にもおすすめできるコスメです!

CCクリームとBBクリームの違い

このように、CCクリームは素肌を整えながら肌色補正を行い、ナチュラルに仕上げるものであり、
一方でBBクリームはファンデーションやコンシーラーの役割を持つカバー力高めのオールインワン化粧品となっています!

この「役割」の違いの他に、
「テクスチャー」や、「仕上がり」の違いも挙げられます。

カバー力高めのBBクリームは、感触や肌触りといった面ではやや重めの使用感ですが、
CCクリームは主に肌の補正の役割を持つので、つけ心地がナチュラルで軽やかなのが特徴的です!
薄づきの分だけカバー力が低めですが、肌のくすみをカモフラージュし、素肌をトーンアップさせてナチュラルに仕上げてくれます

CCクリームの選び方

CCクリームの選び方としては、
①肌の補正がメインの役割になるため、自分の肌の色や悩みに合わせて選ぶ
②保湿成分やUVカット値など+αの機能に着目して選ぶ

①→②の優先順位で選ぶと良いでしょう!

色に関しては例えば、
初心者なら自然なオレンジベージュ
透明感を出すならパープルやブルー
肌が青白い人やクマが気になる人なら血色感が出るピンクなどがおすすめです。

成分に関しては、
ヒアルロン酸やコラーゲン、植物由来エキスなどの保湿成分の種類で選ぶことも1つの手段になります。
乾燥肌の方はこの点を特に注視しましょう!

またCCクリームは、製品のほとんどがUVカット成分を含んでいるのでしっかり確認して選びましょう!UVカット値が高いほど肌の負担が大きくなるため、紫外線が強い夏にはUVカット値が高いものを選び、それ以外の時期はSPF30程度のアイテムにするなど、紫外線から肌を守るために自分の生活パターンに合ったものを選べるとなお良いでしょう!

CCクリームの使い方

基本的にCCクリームも、BBクリームと同じ使い方をします。

洗顔のあと、化粧水と乳液を塗ったスキンケア後に塗布していきます。

商品にもよりますが、BBクリームと同じくパール粒大ほどが適量になり、
おでこ・鼻・両ほほ・あごの5点に置き、指の腹を使って、
顔の内側から外側にムラなく伸ばすように塗ります。

CCクリームを塗った後は、化粧崩れを防ぐためにフェイスパウダーで肌の表面を仕上げてメイク終了です!

ただし、CCクリームにはBBクリームが持つ「ファンデーション」「コンシーラー」といった働きはないため、仕上げ方によっては他の化粧品が必要になる場合があります。

このようにCCクリームの一番のデメリットは、「カバー力が低いこと」です。

シミやニキビ跡、そばかすなど隠しておきたい部分があまり隠せません。

CCクリームでは隠せない部分は、ファンデーションやコンシーラーを重ねてカバーしましょう!

CCクリーム まとめ

肌色補正のUVケアの役割を持つCCクリームと、
ファンデーションやコンシーラーの役割を持つBBクリーム。

「肌の色を血色良く見せたい」人には、肌色補正がメインのCCクリーム

「シミ」や「そばかす」、「ニキビ跡」が気になる人には、カバー力の高いBBクリームがおすすめです!

それぞれに特性があるので、仕上がりや肌悩みによって使い分けてみても良いでしょう!

ナチュラルに透明感のある肌を演出してくれるCCクリーム、ぜひ使ってみてください!

以上、「CCクリームって?BBクリームとの違いを知って活用しよう!」でした!

それではまた次回の記事で!

    当ブログに関するお問い合わせは、以下のフォームよりお願い致します。なお、内容によってはお答えできない場合がございますこと、あらかじめご了承ください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました