化粧品と医薬部外品の違いとは?見分け方も解説します!

スキンケア知識

こんにちは!ぺぺです!  

今回は、「化粧品」と「医薬部外品」の違いについて説明していこうと思います!

化粧品はもちろんわかるけど、医薬部外品って何を指すものなのかわからない。。。
って方が結構多いんじゃないかと思います。

化粧品と医薬部外品の違いへの理解を深めることで、
自分で商品を選ぶ際の基準に選択肢が増え、目的の商品に出会える確率がグッとあげる
ことができます!

是非勉強して役立ててみて下さい!

本記事では、

・化粧品と医薬部外品の違い
・化粧品と医薬部外品の見分け方

について解説しますので、是非参考にして今後の生活に役立ててみて下さい!

化粧品と医薬部外品の違いについて

「化粧品」と「医薬部外品」は以下のような定義がされています。

化粧品とは
・人の身体を清潔にする
・美化する
・魅力を増す
・皮膚若しくは毛髪を健やかに保つ
などの目的で使用され、人に対する作用が緩和な製品。

医薬部外品とは、
人体に対する作用が緩和なもので、機械器具等ではなく、防止や予防などを目的に使用される製品。

また、医薬部外品は厚生労働省に認可された「有効成分」を一定濃度配合することができようになっています。

難しいですね。。。

かなり簡単に言い換えると、

化粧品は、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品

医薬部外品は、防止や衛生を目的で使用される製品

になります。

また、医薬部外品は厚生労働省に認可された「有効成分」を一定濃度配合することができ

更に化粧品では訴求できない、
「肌荒れ・荒れ性」
「にきびを防ぐ」
「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」
「皮膚の殺菌」
などの効果を訴求することができるようになっています。

つまり、一例を取り上げると、

化粧品では
「にきびを防ぐ」とはパッケージに書いたり、CMで訴求できないのに対して、
医薬部外品では
「にきびを防ぐ」ための有効成分を配合することができ、さらにパッケージ等で訴求することもできる

といった違いがでてきます!

ややこしいですが、
このように配合できる成分や製品の訴求の観点で2つには大きな違いがあるのです。

ちなみに、
医薬部外品では「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」は訴求することはできても、
「日焼けによるシミ・ソバカスを消す、無くす」などは訴求できません。

あくまで人体に対する作用が緩和なものに限るということです。

これに対して医薬品は、治療を目的にされた薬になるので、

効能・効果としては、

化粧品 < 医薬部外品 < 医薬品

となります。

化粧品と医薬部外品の見分け方について

「化粧品」と「医薬部外品」の見分け方はいたって簡単です!

商品やパッケージの裏側に医薬部外品と記載されているものが「医薬部外品」で、
何も記載されていない商品が「化粧品」になります。

また、医薬部外品の化粧水や乳液などには、薬用化粧品などと記載されているものもあり、
薬用と記載されているか否かも判断基準の1つになります。

化粧品と思って購入しているものが、実は医薬部外品だったなんてこともよくあるかと思います。
お家にある商品のパッケージをみて、自分が使っているものが何の分類になるのかを是非確認してみてください!

肌悩みや求める効果によって、
「化粧品」を選択するのか「医薬部外品」を選択するのか変わってくると思うので、
本記事を一助にして今後のアイテム選びの参考にして頂ければ嬉しいです!

以上、「化粧品と医薬部外品の違いとは?見分け方も解説します!」でした!

それではまた次回の記事で!

    当ブログに関するお問い合わせは、以下のフォームよりお願い致します。なお、内容によってはお答えできない場合がございますこと、あらかじめご了承ください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました