今人気のIPSA化粧水『ザ・タイムR アクア』レビュー&成分分析!

化粧品レビュー

こんにちは!ペペです!

今回は今人気のIPSA (イプサ)の化粧水『ザ・タイムR アクア』をレビューしていきます!

発売自体は2014年と最近の商品ではありませんが、
口コミで上位に入るなど2021年ベストコスメ総合大賞を受賞した商品です!

2022年7月現在、IPSAの化粧水部門からは、
角層ケアローションや拭き取りローション、ミスト状のローションなどが発売されています。

その中でも、今回紹介する化粧水『ザ・タイムR アクア』は、
みずみずしい肌へ導いてくれる薬用化粧水として、
多くの人に支持されています。

薬用化粧水ですので、
厚生労働省に効果が認められている有効成分が配合されている点が化粧品とは少し異なります!

こちらの化粧水は、有効成分として、トラネキサム酸グリチルリチン酸ジカリウムが配合されていますので、その点についても触れていきたいと思います!

本記事では、

IPSA の化粧水『ザ・タイムR アクア』を実際に使用してレビュー&成分の観点から評価していますので、是非商品選びの参考にしてください!!

IPSA (イプサ)の化粧水『ザ・タイムR アクア』はこんな人にオススメ!

✔べたつきやテカリなど過剰皮脂が気になっている人
✔成分の刺激が気になる敏感肌の人
✔肌荒れや大人ニキビに悩んでいる人
✔価格は少し高めでも効果が実感できるアイテムを使用したい人

どんな化粧水なの?

うるおい成分を抱えた水の層を肌表面につくることにより、
キメを整え、ぷるぷると水をまとったようなみずみずしい感触を持続させる薬用化粧水です!

イプサ独自の保湿成分「アクアプレゼンターIII」(アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムなどの複合体)が、肌表面にうるおい成分を留まらせる人工的な水の層をつくり、乾燥状態に応じて水分を与えるとともに逃さないようにするので、肌が水で満たされた状態が持続することができるそうです。

また、水で満たされることでうるおいバランスの整ったテカリにくい肌に整え
有効成分が肌荒れや大人の肌のニキビも防いでくれるようです!
アルコール無添加で、ノンコメドジェニックテスト済みの点もニキビができやすい人にとって非常に魅力的ですね!

使用方法は一般的な化粧水とほとんど同じで、
洗顔後、コットンまたは手のひらに500円硬貨大よりやや大きめに(約2mL)とり、
頬など乾燥が気になる部分からのせて、中心から外側に向かって顔全体になじませて使用するそうです。

IPSA の化粧水『ザ・タイムR アクア』の口コミや評判について

IPSA の化粧水『ザ・タイムR アクア』の口コミについて、
@コスメでの評判を調査してみました!

GOODな口コミ

✔︎28歳 敏感肌
敏感肌でも安心して使える化粧水。
使い心地はサラッとしているが、浸透がよく、保湿力は高いと感じる。
✔︎30歳 脂性肌 
イプサの化粧水を使い出してから顔の赤みが収まり、いつも出来ていたニキビが治った毛穴も小さくなったように思う。値段で購入を悩んでいたが、これなら個人的にコスパ◎
✔︎30歳 混合肌 
使い心地はさっぱりとしているが、つけた後に突っ張る感じもなく保湿される。匂いやベタベタ感もないので、これを使った前後に美容液や乳液をつけやすい。
✔︎32歳 混合肌 
これまで試した化粧水の中で髭剃り後に全く刺激を感じないのは、このイプサ タイムR アクアのみ。水のようなテクスチャーで浸透感が大変良く、低刺激なのが◎

他にも良い口コミとしては、「浸透」や「保湿」に関して良い意見が目立ち、
特に乾燥肌や部分的に乾燥する混合肌の人に適しているのではないかと思います!

脂性肌の人でも、みずみずしい肌へ導くこの化粧水でしっかり保湿することで、
皮脂の過剰分泌を抑えることが期待できるので効果的だと感じます!

また男性による口コミも見受けられ、低刺激かつ保湿力が高いため、
アフターシェービングローションとしても使用できそうです!

BADな口コミ

✔︎24歳 敏感肌
使いやすかったけど、値段が高くてリピートはしなかった。
✔︎32歳 混合肌
可もなく不可もなく、使用感も水を塗ってるのと変わらない。

悪い口コミはあまり見受けられませんでしたが、いまいち効果が得られなかった人もいるようです。
バシャバシャ系の化粧水なので、同タイプのプチプラで大容量の化粧水の方が使いやすいと感じる人もいるのかなと思います。

また、スキンケア初心者がいきなり手に取るのは少しハードルが高い価格帯となっているので、
スキンケア中級者〜上級者向けなのかなという印象を受けます!

それでは、
価格に見合う効果が期待できるか、実際に商品を使用して、レビュー&成分分析をしていきましょう!

実際に使用して、レビュー&成分の評価をしてみた!

粘度が低いサラッとしたテクスチャーで、浸透感が非常にある特徴的な薬用化粧水です。

各項目を★5段階で評価してみました。

さっぱり感    ★★★☆☆
浸透感      ★★★★★
うるおい・保湿力 ★★★☆☆
コスパ      ★★★★☆
成分       ★★★★★

さっぱり感 / 浸透感

かなりさらっとしていますが、さっぱり感は控えめなテクスチャーになっています。

最も特徴的なのが、なんといっても浸透感です!

顔につけるとぐんぐんと化粧水が浸透していってるような感覚があり、
他の化粧水とはかなり違いを感じます!

この浸透感がIPSA化粧水の人気を支えている要因といっても過言ではない気がします。

うるおい・保湿力

粘度の高い化粧水やグリセリンが多量に入っていてべたつきの強い化粧水で、
保湿感があるのは当然ですが、
さらっとしたテクスチャーなのに塗布後はしっかり保湿されて潤っている感覚があります!

もちろん、高保湿化粧水と比較すると保湿感は劣りますが、
べたつきが苦手なメンズにとってはちょうど良い保湿感なのではないかと思います!

コスパ

IPSA公式サイトでは、税込¥4,400 / 200mLで販売されています(2022年7月現在、送料別途)。
Amazonでは税込¥3,900円ほど(2022年7月現在)とお安く購入できます。

朝晩1日2回、1回で2mL程度使用すると仮定すると、2ヶ月弱持つ計算になります!

薬局で販売されているような大容量で低価格の化粧水と比べると価格は高く感じてしまいますが、
優れた「浸透力」、「保湿力」、「成分」を加味するとベストコスメに選出されているのも頷けます。

成分

全成分は下記の通りです。

有効成分:トラネキサム酸,グリチルリチン酸ジカリウム
その他成分:アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩,シャクヤクエキス,精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,ソルビット液,エデト酸二ナトリウム,クエン酸,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液,1,3-ブチレングリコール,クエン酸ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ノバラエキス,マヨラナエキス,テンチャエキス,フェノキシエタノール

まず有効成分として配合されている成分ですが、

トラネキサム酸
→肌荒れ防止や美白の有効成分として知られています。
最近では、主に美白化粧品に配合されていることが多い成分になります。

グリチルリチン酸ジカリウム
→消炎効果を持ち、肌荒れ防止の有効成分として知られています。
ニキビケアや敏感肌系の化粧品に配合されていることが多い優秀な成分です。

この2種類が配合されており、美白や肌荒れに特化した薬用化粧品であることが特徴です!

また、IPSA化粧水は、さらっしたテクスチャーなのに保湿感があるのが特徴的ですが、

保湿成分としては、
肌への浸透性を高めたヒアルロン酸誘導体であるアセチル化ヒアルロン酸ナトリウムを初め、
ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル
ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル
2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液(ポリオクタニウム-51)

などが配合されているようです。

①や②の成分は少し珍しい成分ですが、資生堂でよく用いられている成分のようです!
こちらは、POE/POPランダム共重合体ジメチルエーテルと呼ばれ、
POE構造を持つ界面活性剤と併用することで層状ナノカプセルが調製できます!
(2006年に関連する文献が発表されており、肌の乾燥防止、肌のハリ持続、小じわ発生阻止などの効果を発揮するとの記述がありました)

また、この文献で層状ナノカプセルの調製に用いられている界面活性剤とは異なりますが、
IPSAの化粧水では、同様の構造(POE/POP構造)を持ったポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテルが配合されているため、
この層状ナノカプセルの技術が利用されている可能性が高いのではないかと思います!

こちらの化粧水には油溶性の有効成分はありませんが、一部油溶性の構造を持った
dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩
がこの層状ナノカプセル内に内包されているのではないかと予想できます!

このdl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩(通称、EPC)は、

ビタミンCとビタミンEがリン酸を介して結合している少し特殊な成分で、

抗酸化作用、抗炎症作用、白血球遊走抑制作用、抗アレルギー作用、皮膚保護作用、保湿作用、
皮脂分泌抑制作用、抗菌作用、抗しわ作用、メラニン合成抑制作用など

色々な効果が報告されている非常に優秀な成分です!
皮脂分泌の多いメンズにとっては、ありがたい成分ですね!

このEPCが層状ナノカプセルによりさらに効果が高められている可能性もありますし、
肌につけた際の浸透感もこのカプセルによる効果なのかもしれません。

さすが資生堂さんといったところですね!

総評・まとめ

IPSA の化粧水『ザ・タイムR アクア』は、

水分不足の肌にはもちろん、過剰皮脂が気になる肌にも水分を大量に補給することで、
テカリにくくうるおいバランスの整ったみずみずしい肌に整えてくれる薬用化粧水であることがわかりました!

また、トラネキサム酸グリチルリチン酸ジカリウムの有効成分をはじめとした、
dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩や各種植物エキスなどが配合されており、以下に内容に当てはまる人にとって利用価値の高い化粧水ではないかと思います!

  • べたつきやテカリなど過剰皮脂が気になっている人
  • 肌荒れや大人ニキビに悩んでいる人
  • 価格は少し高めでも効果が実感できるアイテムを使用したい人
  • 肌への浸透感を感じる化粧水を使いたい人

少し価格は高いですが、
成分や使用感、利用技術のことを考えると値段相応の価値は十分あるのではないかと思います!

気になる方は是非試してみて下さい!
彼女や奥様のプレゼントにするのも非常に喜ばれると思いますのでおすすめです!

以上、「今人気のIPSA化粧水『ザ・タイムR アクア』レビュー&成分分析!」でした!

それではまた次回の記事で!

    当ブログに関するお問い合わせは、以下のフォームよりお願い致します。なお、内容によってはお答えできない場合がございますこと、あらかじめご了承ください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました