男性も紫外線対策をする時代!SPF・PAとは?選び方を解説します!

スキンケア知識

こんにちは!ぺぺです!

本記事は、「男性と女性の肌は何が違うの? 男性の肌質の特徴とスキンケアのポイントを解説します!」の続きとして、メンズスキンケアにおける紫外線対策についてお話ししようと思います。

みなさんは日頃から紫外線対策をしていますか?

朝時間がないから全く塗っていないな。。。
海や山に行くときは塗るけど、それ以外は塗っていないな。。。

こんな人が多いのではないかと思います。

男性にとっては日焼け止めを毎日塗るという作業はなじみがなく、めんどくさいと思う方も少なくないと思いますが、紫外線ケアは女性だけでなく男性も必須です!

本記事では、
・紫外線が肌に及ぼす影響
・SPFとPAについて
・日焼け止めの種類・選び方
について簡単にわかりやすく説明していきたいと思います。

紫外線が肌に及ぼす影響

紫外線(UV)は、波長の長さ(エネルギー)の違いによりUVA、UVB、UVCの3種類に分類されます。
このうち、地上に届く太陽光に含まれる紫外線が、UVA(約9割)とUVB(約1割)になり、これら2つの紫外線が肌に影響を及ぼします。

肌への影響としては、
UVA
・肌が黒くなるタイプの日焼け
・肌の弾力やハリ、シワ
UVB
・肌の炎症
・シミやそばかすなどの色素沈着

種類別にこちらのような影響があると言われており、将来的なしわやシミなどを防ぐためにも紫外線対策として、日焼け止めを日常的に使用することが必要になります!

そして、これら2つを防ぐための指標がSPFとPAになります。

SPFとPAについて

見たことがあるかもしれませんが、日焼け止めには、SPFとPAの表示が記載されています。

SPF(Sun Protection Factor)は、UVBに対する効果を示す指標になり、
2 ~ 50の数値または、51以上であれば50+と示すように定められており、数値が高いほど効果が高いことを示します。

PA (Protection grade of UVA)は、 UVAに対する効果を示す指標になり、
PA+ ~ PA++++の4段階で示すように定められており、+が高いほど効果が高いことを示します。

基準としては、次の図のようなシーンに合わせた選び方が提案れています!

SPFやPAについては、大は小を兼ねるという考え方は避けるべきです。
高SPF・高PAの日焼け止めは肌への刺激やダメージがあるとも言われていますので、必要に応じた紫外線ケアをする必要があります!特に敏感肌や乾燥肌の人は、日焼け止め選びは慎重に行った方が良いと思います。

個人的には、SPF 30 PA ++ 程度の日焼け止めを1つ持っておけば普段生活する上で十分でないかと思っています。
また別の機会に、男性でも使える日焼け止めや敏感肌や乾燥肌用の日焼け止めなどの紹介もしていきます!

日焼け止めの種類・選び方

日焼け止めの種類としては、ジェルタイプやスプレータイプ、スティックタイプなど様々な日焼け止めが販売されていますが、これらの特徴と選び方を説明します!

ジェルタイプ
最も水々しい使用感で、白浮きする(白くなってしまう)ことが少なく、ムラなく塗りやすいのが特徴!
さらにべたつきも少ない商品が多いため、皮脂が多い男性でもベタつきを気にすることなく使用できます。
また、クレンジングなども必要なく洗顔のみで落ちるものも多いため、メイクをしない男性にとっては日常使いしやすいタイプになっています!

ミルク(乳液)タイプ
ウォータープルーフ機能があるものが多く、そのまま出して使用するタイプや、振ってから使用する2層タイプのものがあります。ジェルタイプと同様水々しいものが多く、ムラなく塗りやすいのも特徴の1つ。汗や水に強い分、普通の洗顔料では落ちない商品が多いため、しっかりとクレンジングで洗い流す必要があり、しっかり落とさないと肌への負担に繋がり、ニキビや吹き出物ができてしまったりします。
海やプール、外でのアクティビティ向けの高SPF・高PAの商品が多い印象です。

クリームタイプ
保湿力が高く、しっとりするタイプが多いので、乾燥肌の人向き。
化粧品を使い慣れていない男性にとっては、少し重い付け心地になると思います。
ミルクタイプと同様、ウォータープルーフ機能があるものが多いのでクレンジングでの洗い流しが必須なものが多い印象です。

ティックタイプ
男性化粧品に多いタイプで、手にべたつかず使用できるのがメリット!外出先でもサッと塗り直せるので、持ち運び便利でコンパクトなタイプが多い。ムラができやすいので、注意して塗れば非常に便利なタイプです。

スプレータイプ
最も手軽に使用できるのがスプレータイプで、朝時間がない時でも短時間で顔から髪、全身の紫外線対策ができるので優れもの。ただし、手で塗り広げるものではないので、ムラができてしまうことが多いので使用するときは注意が必要です!

この他にもムースタイプやパウダータイプ、化粧水や乳液の機能と一体になったオールインワンタイプもあります!
男性におすすめの日焼け止め商品については、また別記事でお話していきたいと思います。

最後にもう一点、上記以外の商品の成分特徴として
ノンケミカルタイプそうでないものがあります。

ノンケミカルタイプとは、
ケミカル(合成)成分不使用という意味ではなく、
紫外線吸収剤が不使用というタイプになります。

肌に刺激があるとされる紫外線吸収剤が配合されていないため肌に優しい傾向にあり、
敏感肌や乾燥肌向きとして販売されている日焼け止めに多いです!

自分が敏感肌や乾燥肌と自覚している人に対しては、
是非ノンケミカルタイプの日焼け止めを使用することをオススメします!

本記事では、
紫外線吸収剤やノンケミカルタイプにも含まれる紫外線散乱剤のことは深くは触れませんが、
また別記事にて詳しく解説していきたいと思います。


以上、「男性も紫外線対策をする時代!SPF・PAとは?選び方を解説します!」でした!

それではまた次回の記事で!

    当ブログに関するお問い合わせは、以下のフォームよりお願い致します。なお、内容によってはお答えできない場合がございますこと、あらかじめご了承ください。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました